お知らせ&ごはん生活の情報

【新習慣】6月30日は、夏越ごはんの日! レシピ

夏越ごはん1

「夏越ごはん」は、一年の後半を無病息災で過ごすための新習慣!(^^)!

一年の前半の最終日にあたる六月の晦日に行われる神事「夏越の祓」。
神社では、鳥居の下や拝殿の前などに茅や藁で作った大きな輪を設け、宮司に続き一般参拝者がくぐる「茅の輪くぐり」が行われ、半年の厄を祓い、残り半年間の無病息災を祈ります。


夏越ごはん2

「夏越ごはん」は雑穀ごはんの上に、「茅の輪」をイメージした“緑の食材”&邪気祓いをする“赤の食材”を“丸いかき揚げ”と“丸い器”で表現し、赤や緑の旬の夏野菜を使った丸いかき揚げをのせ、おろしだれをかけたもの(●^o^●)
今回は国内産二十五穀米で炊いた雑穀米に、旬の夏野菜を使ったかき揚げにさっぱりおろしダレで作ってみました♪

◆材料(4人分)
1.米・・・2合
2.国内産二十五穀米・・・1袋(30g)
3.ゴーヤ・・・1本
4.インゲン・・・2-3本程度
5.赤パプリカ・・・1/3個
6.ニンジン・・・1/2本
7.玉ねぎ・・・1/2個
8.小えび・・・80g
<衣>
9.天ぷら粉・・・適量
10.水・・・適量
<さっぱりおろしだれ>
1.(A)だし・・・120ml
2.(A)しょうゆ・・・大さじ2
3.(A)みりん・・・大さじ2
4.しょうが汁・・・小さじ1~2
5.レモン汁・・・大さじ1
6.大根おろし・・・大さじ2程度

◆作り方
①洗ったお米に、二十五穀米を入れて炊く。
②材料の3~7を食べやすい大きさの薄切りにする。
③小えびは背わたを取り除き、殻をむく。
 水で洗って水気を取り、厚みを半分に切る。
④ ②③を合わせ、水で溶いた天ぷら粉を適量加えてざっくり混ぜる。
⑤170℃~180℃の油で④を丸い形にして揚げる
⑥ (A)を合わせて火にかけ、しょうが汁、レモン汁、大根おろしを加える。
⑦器に雑穀ごはんを盛り、⑤のかき揚げをのせ、⑥のさっぱりおろしだれを適量かける。

新・行事食「夏越ごはん」を食べて、暑い夏を元気に乗り切り健やかな一年の後半を過ごしましょう!